スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

義援金ご協力ありがとうございました。

義援金の振込について

受付の義援金箱にお預かりしていました義援金(¥55.138)を福島県動物救護本部へ振込しましたことをご報告いたします。

義援金振込002

福島県動物救護本部◆

義援金募集
 福島県動物救護本部では、東日本大震災で被災し、救いの手を必要としている動物たちの保護を行っていくための義援金を募集しております。
 未曾有の原発災害により住居を追われ、依然として動物を引き取ることが難しい飼い主さんが数多くいらっしゃいますので、当本部の活動は長期化することが予想されます。
 この活動を継続していくためにも、皆様からの暖かいご支援をお待ちしております。


 振込先                 
                    東邦銀行 県庁支店 普通預金
店番号 103
口座番号 1418368 
口座名 福島県動物救護本部義援金口
(フクシマケンドウブツキュウゴホンブギエンキングチ)

※東邦銀行からの振込については、振込手数料はかかりません。
   

 義援金額及び使途
        義援金をお寄せいただき、ありがとうございます。
 皆様からお寄せいただいた義援金の額は、
138,275,295円です。※ 利息1,327円含む
(内93,660,000円が「緊急災害時動物救援本部」からの配分額)
 義援金は全て、被災動物の保護、一時収容施設の整備や運営等にあてております。


【これまでの主な使途】(平成23年11月28日現在)
シェルター借り上げ費用(光熱水費を含む) 7,602,767円
第2シェルター設置、既存シェルターの改修(大型エアコン設置、隔離室設置、その他被災動物のQOL(生活の質)の向上を図るための改修等) 59,523,806円
消耗品代(サークル、食器、トイレ容器、ネコ砂等) 6,993,730円
内・外寄生虫駆除剤、ワクチン、その他治療等に用いる医薬品代 2,570,125円
シェルター運営にかかる委託料 7,376,306円
巡回診療獣医師手当及び動物病院預り費用 3,548,274円
その他、保護活動にあたって使用した経費 7,142,689円
総計 91,209,423円
残金 47,065,872円

【これからの主な支出予定】
シェルター管理運営にかかる経常費用(1ヵ月平均約500万円超)
冬期対策費用


(参考)
 阪神淡路大震災の際、被災動物管理施設閉鎖までに要した資金は約1億8千万円でした。(「大地震の被災動物を救うために 兵庫県南部地震動物救援本部活動の記録」より出典)




 福島県動物救護本部事務局
<連絡先>
福島県保健福祉部食品生活衛生課内
〒960-8670 福島市杉妻町2-16
TEL:024-521-7245 




この情報の発信元 福島県動物救護本部のサイトのURLです。

http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm

関連記事

2011.12.24 | コメント(0) | お知らせ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ふじみ野動物病院

ふじみ野動物病院
院長をはじめ女性スタッフを中心とした繊細な治療を実践する平塚・伊勢原の動物病院です。
http://www.fujimino-ac.jp

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。